開催が迫っての雑感
panel-46

早いですね。あと数日で「浜田島」は始まります。ここ3ヶ月くらいは一日も休まないどころか、ほとんど事務所で生活しているような状態でした。仮眠して起きると昼なのか夜なのかも分からないような、いつも夢の中で作品をつくっているようでした。思えばいつもの仕事はクライアントがジャッジを下して終わるものがほとんどですから、今回のように自分で最終の判断を下す仕事には終わりが無いようなものなのです。
今回関わって頂いているスタッフの方からは、こんなの観たことが無い!という言葉を多く聴きますが、ぼくにはよく分かりません。ただ、僕自身もこんなひとりのロックミュージシャンを掘り下げた展覧会は観たことが無い気がしています。
展覧会の開催が横浜の赤レンガ倉庫だけというのは、今も心苦しい思いでいます。ただ、会場をご覧になれば、ここでしかこの企画が成り立たないことが、少しは理解して頂けるのではと思います。あとは全国で似たようなスペースが見つかることを祈るばかりです。
  (田島照久)
Posted by 浜田島制作委員会
 
[THE HAMADA ISLAND NEWS
| HOME |