スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 浜田島制作委員会
 
[スポンサー広告
無事に終了致しました。
y-0069

昨日で、無事に「浜田島」は終了致しました。
訪れて頂いた沢山の方々、有り難うございました。

まだまだスタッフは撤収作業や事後処理に追われていますが、今回は妥協を許さないプロフェッショナルの結集の下、この「浜田島」は成り立っていました。あの空間は、建て込み、照明、音響、映像のどれをとっても通常のパネル展を遥かに超えた見事な出来映えでした。スタッフのみなさん本当にお疲れさまでした。

それから、会期中、差し入れなどをして下さった方々、大変有り難うございます。
この場をお借りして、お礼申し上げます。

会場でたくさんの笑顔を見かけました。いまは、やって良かったと思っています。
        (田島照久)

言葉だけでは寂しいのでROOM 2の映像を懐かしがられる方のために一枚。

※報告事項もありますので、もう少し、このブログは続くようです。
スポンサーサイト
Posted by 浜田島制作委員会
 
[THE HAMADA ISLAND NEWS
最終日 です。
st-0190

おかげさまで、このニ週間は天候に恵まれましたが、最終日のきょうも青空が広がっているようです。
   (田島照久)
Posted by 浜田島制作委員会
 
[THE HAMADA ISLAND NEWS
BGM
panel-61

この週末も多くの方に「浜田島」を訪れて頂き、大変有り難うございます。
日毎に入場者数が延びているそうで、驚いています。しかし、楽しい時間はあっという間に過ぎて行くものです。あと残り数日になってしまいました。

実は、この「浜田島」を企画する段階で、バックグラウンド・ミュージックのことをあれこれ考える中で、当初は、全く無しにするか、インストルメンタルにしようと思っていました。絵毎の内容に別のテーマの曲が及ぼす感情的な部分を少なくすることで、それぞれの絵に集中して頂いた方が良いような気がしていたからです。しかし、よく考えたらそれも自然では無いことに気付きました。美術館の展示ではなく音楽があっての展覧会なのです。そこで急遽、水谷公生さんにお願いして、会場用の音をつくってもらいました。水谷さんは時間が無い中で、ぼくの制作中の作品や映像を観て、浜田くんの全ての楽曲を聴き直して、今回の40分ほどでループする音を編集してくれました。絶妙のタイミングで曲が繋がって行きますが素晴らしい編集だと思います。会場は部屋が分かれているので、まるで展示の内容に合わせたように音量も変わって行きますが、その感じも気に入っています。(田島照久)
Posted by 浜田島制作委員会
 
[THE HAMADA ISLAND NEWS
メディア情報
明日、スペースシャワーTV 「スペチャ!」にて浜田島の取材をうけた模様が放送されます。

番組名:スペースシャワーTV 内「スペチャ!」
放送時間:毎週土曜日19時~21時の生放送
浜田島放送日:7月11日(土)

http://www.spaceshowertv.com/specha/

           (浜田島制作委員会)
Posted by 浜田島制作委員会
 
[THE HAMADA ISLAND NEWS
幻想的な七夕の夜
d-0129

七夕の夜はなんとも幻想的なレンガ倉庫でした。
皆さん、連日途切れることなく無く来て頂き、大変有り難うございます。明日で一週間目ですが、再度訪れて頂く方も多いようで嬉しい限りです。
ぼくも、行ける時は行って、気になる所を直したり、描き加えたりしてます。ほとんど気付かない変化ですが、二度目に行かれた方が、もし気付いたとしても、ストリート感覚の展示だと思って多めに見て下さい。どうも一度完成すると、それをまた変えてみたくなる性分があるようです。(田島照久)
Posted by 浜田島制作委員会
 
[THE HAMADA ISLAND NEWS
浜田島 OFFICIAL GOODS に関して
現在、浜田島の会場限定で販売されている「浜田島 OFFICIAL GOODS」ですが
予想を上回る販売状況及び一部商品の在庫が充分でないために、ご来場頂きましたお客様には
ご希望された商品をご購入頂けない状況になりましたことを深くお詫び申し上げます。
誠に申し訳ございませんでした。

上記のような状況及び皆様からのご要望により「浜田島 OFFICIAL GOODS」の通信販売を
10月頃行うことが決定致しました。
販売日時や販売方法、販売する商品、販売数等の詳細に関しましては「浜田島オフィシャルサイト」内グッズコーナー、「浜田省吾オフィシャルホームページ」内シッピングニュース等にて
決定次第ご案内させて頂きます。

また、浜田島会場での商品の販売状況に関しましては今後「浜田島オフィシャルサイト」内グッズコーナー、「浜田省吾オフィシャルホームページ」内シッピングニュース等に、情報を開示させて頂きます。しかしながら、数に限りがある為、必ずご購入頂けるかのお約束は致しかねますことをご了承下さい。
また、一部の商品(浜田島図録、田島照久ホラーマーケット、CD以外)に関しては、
お一人様1アイテムにつき3個までとご購入頂ける商品の数を制限させて頂いております。

【浜田島 OFFICIAL GOODS 会場販売状況】 (7/7現在)
※情報は流動的です。必ずご購入頂けるかのお約束は致しかねますことをご了承下さい。

【販売中商品】
・THE HAMADA ISLAND 図録
・ON THE ROAD TRUCK
・浜田島POST CARD SET
・A Songwriter in Blue(ポスター)
・TUBE AND RADIO T-SHIRT(L)
・田島照久 小説「ホラーマーケット」
・CD 「from a distance」
・CD 「STARS IN THE SUN」


【再入荷商品】 
・SHOW ME YOUR WAY TOWEL ※7月10日(金)入荷致します。
・SHOW ME YOUR WAY T-SHIRT(S/M/L) ※入荷日が決定次第、ご案内致します。
・TUBE AND RADIO T-SHIRT (S/M/L) ※入荷日が決定次第、ご案内致します。


【完売商品】
※会期中の再入荷はございません。
・ON THE ROAD PAD
・ROAD SCENE PEN



また、会場内は、「ROOM 1: RE-MASTERED」、「ROOM 2: MAGIC IN THE DARK」、「ROOM 3: THINK ROCK!」3つの作品展示の部屋と最後にグッズ売り場と区切られておりますが、作品展示の部屋をご覧頂かずにグッズ売り場にお越し頂くと「ROOM 1」、「ROOM 2」、「ROOM 3」へ逆戻りすることができませんのでご注意下さい。なお、浜田島観覧券の半券をご提示頂きますと会期中(~2009年7月15日まで)に1回のみ再入場頂けます。その場合は、浜田島会場のチケット売り場にて観覧券の半券をお持ちのうえ受付でお申しつけ下さい。

これから浜田島にご来場予定のお客様には、ご理解頂きましたうえでお越し頂けます様お願い致します。

                              株式会社ロードアンドスカイ
                              浜田島制作委員会
Posted by 浜田島制作委員会
 
[THE HAMADA ISLAND NEWS
大きさにも浸って下さい。
ik-090

会場で見ると、それほど大きく感じられないかも知れませんが、全体の四分の一くらいの作品は、自分の家に持ち込んでみると、とんでもなく大きいことに気付きます。できたら視野いっぱいになるくらいに近づいて鑑賞して、その大きさにも浸ってみて下さい。壁一面の作品は少し離れて全貌を観ることをお薦めします。しかし、こんな作者からの助言は鬱陶しいですね。勝手に楽しんでいただけたら、それはもう、それで結構です。(田島照久)


Posted by 浜田島制作委員会
 
[THE HAMADA ISLAND NEWS
ありがとうございます。
この週末にかけて「浜田島」に来て頂いた沢山の方々、ありがとうございます。

始まってすぐにグッズのことで不手際が多く、ご迷惑をおかけしましたことを、申し訳なく思います。グッズに関しては、その数量や販売方法を決める立場ではありませんが、みなさんに不快な思いをさせてしまったことに心を痛めています。関係者のひとりとしてお詫び申し上げます。いったいどれだけの人が入場して頂けるのかは、関係者でも予測がつかなかったとはいえ、ほんとに申し訳ないです。


ところで、浜田くんからの提案で、主だった作品にキャプションをつけることにしました。考えてみたら開かれた展覧会ですから、作品内容の手引きとなるようなものは確かに必要だと思います。今日から図録の別冊に書いたものを、いくつかの作品の横に掲示しています。

今日は、ほんとに久しぶりにゆっくりしています。家のものから、ずっと寝てばっかりね、と言われてます。眠っても、眠っても、すぐに睡魔が来ます。しかし、これって、実は歳なのかもしれません。こんなに大規模になってしまった「浜田島」に限っては、もう来年では体力的に出来なかったかもしれません。

話は変わりますが、ぼくが大学に入って最初に住んだところは、上京した際に世話になった叔母が東横線の白楽に居た関係で、神奈川大学の正門の前の道を少し上がった4畳半の下宿でした。その話をずっと前に浜田くんにしたところ、ひょっとすると神奈川大学に通っていた浜田くんが一時住んでいたのも同じ下宿かも知れないと言うことでした。ぼくの大学は遥か離れた世田谷の等々力にあったので、もしそうだとしたらこれ以上の奇遇はないのかもしれません。その数年後に、同じ下宿に住んでいた知らない者同士が再び巡り会った不思議さを感じます。
赤レンガ倉庫に関しては、その叔母(故人)も画家でしたから修復前に良くスケッチをしていたのを覚えています。そんな訳で、ぼくにとって横浜はとても馴染み深いところなのです。

「浜田島」をこの先ゼロにするつもりは有りません。この「浜田島 The Hamada Island」とは新らしい島を発見したようなものだと思っています。今回の展覧会はそのひとつなのかも知れません。個人的には、この先も「浜田島」という名のもとで、また何か面白い事ができたら良いだろうな、と思っています。
グッズも本格的にデザインしたのは久しぶりでした。浜田くんもとても気に入ってくれたので、もっともっと魅力的なグッズをこの先もつくっていくことは可能です。なんと言っても30年に及ぶアーカイブスがありますから、揺るぎないものを提供できるのではと思います。そんなわけで「The Hamada Island」は、いろんな可能性を秘めている気がします。

もちろん、この展覧会が横浜以外でも、出来るだけ同じかたちで開催できる日が来ることを、浜田くん共々願っています。

そう言えば、水谷公生さんが、自然な感じの浜田くんの映像が素晴らしい、と言ってました。これはホントに嬉しかったですね。
 
「浜田島」まだ始まったばかりです。今後もよろしくお願いします。
         
                      田島照久
Posted by 浜田島制作委員会
 
[THE HAMADA ISLAND NEWS
「浜田島」完成!
ex-0703

「浜田島」完成しました!
一時はどうなることかと思いましたが、最後の一枚までピッタリ収まって全ての壁は作品で埋まりました。映像の部屋も画質や音量等を検証してバランス良く出来上がっています。

全ての展示が終わったころに浜田くんがやって来たので、ふたりでゆっくり鑑賞しました。浜田くんも何が起きているのか、この日までは全く知らなかった訳ですから、さすがの僕もちょっと緊張しましたが、最後に、にっこり笑って一言「凄い!」
キツい数ヶ月でしたが、やって良かったです。

我がままを訊いて頂いたスタッフの方々、協力して頂いた各社の方々、感謝です。

みなさん、お待ちしてます!

   (田島照久)
Posted by 浜田島制作委員会
 
[THE HAMADA ISLAND NEWS
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。