会場模型


会場模型をつくりながら、レイアウトを決めているところです。映像の展示もありますので、照明が難しく、慎重に進めています。全体的には少し暗め会場になりますが、最終的にどうなるかは未だわかりません。

アーティストに関するグラフィカルな展覧会の開催には、難しい問題もあります。第一に挙げられることは、写真に関する権利ではないかと思います。通常ジャケット撮影などは、その企画内容に応じて写真家が選ばれるもので、浜田くんのように30数年に及ぶ活動を続けていれば、少なくとも二桁以上の写真家とのコラボレーションが考えられます。そのひとりひとりに連絡をとり、使う写真の選択に出向き、作品の仕上がりまでの確認を取りながら作業を進める労力と時間は膨大なものになります。ぼくはアートディレクターとして関わってからずっと、自分で写真も撮ってきたことが幸いでした。未熟で失敗もありましたが、写真を撮ってこなかったら「浜田島」の開催は不可能だった気がします。 (田島照久)
Posted by 浜田島制作委員会
 
[THE HAMADA ISLAND NEWS
2015 ROAD OUT WALL CALENDAR


浜田島の制作を続けながら2015年のカレンダーをつくっていました。写真集からアルバムそしてビデオとして発表された「RAOD OUT」シリーズから20年目にあたることから、この企画を考え、実際に写真の選択作業に入ったのは6月くらいでしたが、思った以上に捨て難い写真が多く、モノクロームもカラーもそれぞれに特徴的で、ずっと、どうしようかと悩んでいました。あまり悩んでいても、浜田島の作業が滞ってしまうので、結局、今回はモノクロだけで壁掛けカレンダーを、カラーだけの写真をつかって卓上のカレンダーを、と、それぞれ別のデザインをすることになりました。日付け面には浜田くんが入ってない風景写真も入っていますが、これも浜田省吾像の表現の一環だと思って下さい。使った写真は全て写真集で発表されたものとは違うカットのはずです。カラーの卓上も良い仕上がりだと思います。 (田島照久)
Posted by 浜田島制作委員会
 
[THE HAMADA ISLAND NEWS
フローティングペン


浜田島III GOODS の進行状況その1です。好評だったフローティングペンが売り切れてしまったので、今回は「浜田島III」に合わせて、2種類のフローティングペンをデザインしましたが、その見本が上がってきました。ブラックは夜の街を走るJ.BOY号で、タイトルは "J.Boy in the night city"。 ホワイトは砂漠を走るモスグリーンのツアートラックで、タイトルは "On The Dune" です。
「浜田島III」の準備でこのブログも滞りがちですが、これからは順次アップして行きますので、宜しくお願いします。          (田島照久)
Posted by 浜田島制作委員会
 
[THE HAMADA ISLAND NEWS
| HOME |